Personal tools
Document Actions

このサイトについて

Up one level

Document Actions

Schickmicki

by Days posted at 2006-05-12 01:32 last modified 2006-05-12 01:32
Galleryを使って、外部サイトにランダムにイメージを貼付けたくてDocumentをうろうろしていたら、ドイツ語のBlogにたどりついた。
"Schickmicki" って何? そのまま読むと「しっちゃかめっちゃか」に聞こえるのだけれど、まさか同じ意味でないよね。

COREBlog2でRSS配信

by Days posted at 2006-05-23 02:19 last modified 2006-05-23 02:19

実はまだCOREBlog2 0.8bなんですが、一応RSS配信できるみたいです。

Ploneインスタンスの "portal_syndication" で、"Visible?" にチェックを入れるだけ。
あとはPlone側に現れた "RSS配信" のタブをクリックして、配信を有効にします。

URIは、http://www.mobileplace.org/dias/blog/RSS みたいになります。

Ploneでタイトル差し替え

by Days posted at 2006-06-13 02:06 last modified 2006-06-13 02:06

まあ、ときどきにしかやらないので、忘れてしまって、そのたびに調べることになるので、書いておきます。
/portal/portal_skins/custom/ploneCustom.css に、以下の記述を加え、

body {
width: 800px !important;
margin: 0 auto 0 auto;
padding: 0;
min-width: 800px;
}

#portal-top {
margin: 0;
padding: 110px 0 0 0;
background: #fff url(top_plate.jpg) no-repeat;
}

#portal-logo {
background: none;
}

数値は適当に調整します。
あ、その前にもちろん、/portal/portal_skins/custom/ に、top_place.jpg を追加しておいたほうがいいです。
今回のはちょっと高さが高すぎるので、たぶん梅雨明けまでには他のものに変えてしまいそうな気がする。

Re:Ploneでタイトル差し替え

Posted by days at 2006-06-17 23:17

IE 5.5だと、なぜかときどき画像がダブって表示されます。IE 5.0だと、確実にレイアウトが崩れて見えます。
たぶん、画像のサイズをpaddingで指定していて、それが子要素に継承されるかされないかという差だと思います。
IE 6.0やFirefoxやSafariで見てください。
私はふだんSafariを使っています。IE 7.0はまだ試していません。

Melt Keys

by Days posted at 2007-02-15 02:05 last modified 2007-02-20 02:02
溶けた

仕事場から帰って、リビングに置いてあるMacを使おうとしたら、起動せず。ん?
キーボード、Right Command, Option, コロン、スラッシュあたりが溶けてる‥‥。

その後しばらくカナトと話す機会がなくて、2日経ってようやく事情聞いたら、飲み物をこぼし、それを乾かそうと、ドライヤーを当てたら、こうなったんだと。
で、しばらくほったらかしにしてたら、水分が乾いたらしく、いつのまにか打てるようになってた。いまここれも、少し溶けたキーボードで打ってる。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/melt-keys/tbping

Past Entry Added

by Days posted at 2007-06-18 01:25 last modified 2007-06-19 00:59

新たな自転車旅の話を、4/14, 15の項に追加しました。
今後もさかのぼって書くことがあると思います。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/past-entry-added/tbping

Changing Font in Plone

by Days posted at 2007-09-05 00:14 last modified 2007-09-05 12:33

台風接近中、フォントを変えてみた。

CSSを直接触ろうとして、そういえば base_properties にそんな項目があったと思い出した。
portal_skins/custom/base_properties

手をつけたのは、fontFamilyとheadingFontFamily。
差し当たって自分のMacでBest Viewになるように、下記のとおり。
うちにはWindowsはない。

fontFamily: 'ヒラギノ丸ゴ Pro W4','Hiragino Maru Gothic Pro',"Lucida Grande", Verdana, Lucida, Helvetica, Arial, sans-serif
headingFontFamily: 'ヒラギノ角ゴ Std W8','Hiragino Kaku Gothic Std',"Lucida Grande", Verdana, Lucida, Helvetica, Arial, sans-serif

これから遡って8月のエントリをいくつか追加します。

以下、追記です。お約束ですが、portal_skins/custom/base_properties がない場合は、portal_skins/base_properties をカスタマイズします。
フォント関連の設定をするには、base_propertiesのタブから "Properties" を開いてください。

Windowsでは本文向けに気に入ったフォントがなかったので、headingFontFamilyだけ下記のように変えました。

headingFontFamily: 'ヒラギノ角ゴ Std W8','Hiragino Kaku Gothic Std','Lucida Grande', 'Arial Black', sans-serif

Windowsでは見出し向けの日本語フォントが標準搭載されてないので、狙い通りにいくのは見出しがアルファベットの時だけです。

Enshunada 3 days

by Days posted at 2007-10-12 23:00 last modified 2007-11-19 00:19

前回の続き。預かってもらっていたMTBに再び乗り、御前崎から伊良湖岬まで約150キロを、10/6から3日かけて旅してきました。
ルートはサイクリングロードとは名ばかり、松林の中でクモの巣だらけのシングルトラックあり、関所や宿場町をめぐる旧東海道があり、残りがクルマぶんぶんの県道といったところ。遠州はちょうど祭りの季節。きらびやかな台車や夜を徹して続く巡行を眺めながらの楽しい旅でした。
詳しくは、それぞれの日を。

伊良湖岬から輪行

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/enshunada-3-days/tbping

Cogway

by Days posted at 2007-12-17 01:13 last modified 2007-12-17 01:18
12/1は、山崎美緒さんがずーっと前から準備してたイベント「コグウェイ」の日だった。赤い自転車じゃなければ、赤いTシャツでも、何でもいい、ということだったんだけど、結局行けなかった。朝からリヒトの餅つき大会、モトの学芸会と、子供イベントのはしご、かつ、午後は家族争議:)で‥‥。

コグウェイ

「コグウェイ」は、自転車でアフリカ縦断した美緒さんが、アフリカのために何ができるか考えて、思いついたイベントだ。World Aids Dayに合わせてみんなで築地本願寺に集まり、みんなで自転車で走り出して、周りのみんなにも共感してもらう。みんなでエイズに立ち向かおうという意思を示すために、何か赤い色を身につけて。
来年は何かできることで手伝うから、ご勘弁を。

話は変わるけど、かつて美緒さんのblogを見たときに、「にほんブログ村」のカテゴリーアイコンが貼ってあって、気になっていた。いま見たら、見つからない。何でかな。
いつもテンポが遅れる私。遅ればせながら「ツーリング」「子連れ旅」のアイコンを貼ってみた。
貼ってから気付いたけど、「子連れ旅」はちょっとカテゴリー違いだったかも。こんなにコドモ鍛えながら旅している人、他にいない‥‥。
The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/cogway/tbping

Re:Cogway

Posted by Anonymous User at 2007-12-17 04:59

突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております、
p-netbanking と申します。当サイトは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非、貴ブログのご登録、及び、
ランキングの参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。

Re:Cogway

Posted by days at 2007-12-17 12:22

コメントいただきましたが‥‥。
ごめんなさい。パチンコには興味ないので、登録は遠慮させていただきます。

Watch Your Step

by Days posted at 2008-04-15 01:55 last modified 2008-07-08 00:41

ウイルス踏んだ。チベットサポートのMLに、ネパールの国連難民高等弁務官事務所からのメッセージがなぜか混じっていて、「詳しくはPDFを」と書かれていたのでダウンロードしてみたのだが、見事に「釣り」だった。

X-Originating-Ip: [209.85.146.243]
X-Sender: mlogan@ohchr.org
From: "mlogan@ohchr.org" 


Dear all
  General Assembly resolutions on April 20, 2008 on human rights in Tibet 
held the meeting mainly on whether the Communist Party of China on Tibet 
monks slaughtered monks and assault incident, as detailed in the annex to 
the specific content of documents, internal reference.

Attached(Optional paper read English and Tibetan)

For further information, contact Marty Logan at mlogan@ohchr.org, 
Tel: (+977-1) 428 0164, Ext 321 or (+977) 98510 16922 (mobile), 
website: http://nepal.ohchr.org

PDFファイルが表示されないので、何かおかしいと気付き、whoisでアドレス逆引きして送信元が中国からとわかったときには既に遅し。きのう代々木公園で知り合った関係者が即座にメイルをくれて、"TROJ_PIDIEF.GD" という「トロイの木馬」だと教えてくれた。ありがとう。
Symantecは何も警告してくれなかったし、スキャンしてもひっかからなかったのが、トレンドマイクロで駆除できたみたいだ。テスト用途のマシンで、いざとなれば初期化しても問題なかったのが幸い。
あとで調べたら、こんな記事もあった。WIRED VISION「チベット:支援者を狙うPCウイルス スパイ目的か」。
この拙い日記にも、コメントスパムが大量に押し寄せている(しかも3/8の中国大使館への抗議行動の記事にだけ)。備えはしておこう。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/watch-your-step/tbping

Nameless Tibetan@Karze

by Days posted at 2008-05-26 13:35 last modified 2008-05-27 13:44
2008-05-25麻布笄公園

レコードチャイナによると、四川省大地震で壊滅的な被害を受けた北川県での生存者捜索活動が23日終了し、「県両端の山を爆破し、平地にすることを決めた」という。これがYahoo! Newsに配信されたことで、「北川県が地図から消える!16万の犠牲者を見殺しにしていいのか!」という声が日本のSNSや大規模掲示板などであがっている。北川県の人口の半分はチャン族、チベット族など少数民族であり、伝染病予防を理由に被災地を埋めてしまうのは、被災地再建に名を借りた「民族虐殺」ではないか、というのだ。
私自身、この報道の出所がわからないので、そんなことが本当にあるのかどうか完全否定はできないのだけれど、少なくとも山2つを崩すぐらいで16万人が住む県全体を埋めてしまうなんてことはできないように思う。記事が転電される過程のどこかで誤解があったのではないだろうか。北川県の中心部(「県城」)を20キロ離れた安県安昌鎮に再建する方針は新華網も伝えているし、疑いないのだけれど‥‥。
チベット各地で起きている抗議活動と鎮圧事件にしても、地震の被災地の状況にしても、報道の少なさ、偏りゆえに、正確な情況を把握するのは簡単なことではない。だから余計に、報道の正確性を逐一疑わなければならないし、まずは冷静に記事の行間を読み取る努力が必要になってくる。インターネットによって、かつてない速さで情報が伝わるようになったのがよいことだが、その速度に煽られないようにしないといけないと思う。

89年のチベット各地での蜂起と比較して、大きく違うのがインターネットや携帯電話、デジタルカメラの普及だ。3月14日のラサでのデモは、携帯電話によってチベット人コミュニティに広く伝えられ、行政府も沈静化のために携帯電話のメッセージング機能を活用したという。デモが引き金になって商店が焼き討ちされ、クルマが通りに横倒しになる様子は中国メディアがWebを使って繰り返し報道したし、居合わせた旅行者がデジタルカメラで撮影した写真はすぐに世界中に伝わった。
チベット亡命政府があるインド・ダラムサラからは、ルンタプロジェクトの中原一博さんが、亡命政府スタッフや亡命してきたばかりのチベット人に取材して、チベット人社会の動きや雰囲気を伝えている(「チベットNOW@ルンタ」)。ダラムサラに溶け込んで仕事をしている中原さんの目と耳を通して、本土を離れたチベット人が何を考えているのか、次にどんなことを意図しているのか、逐一読むことができるのはとてもありがたい。
中国のコミュニティサイト「百度」への投稿を翻訳して伝えている「大陸浪人のススメ」によれば、カンゼ(甘孜)のチベット人が始めたスレッドが「百度」にあり、漢族ユーザとの興味深いやりとりがあったそうだ。カンゼはRFAでも多く報道されているように、比較的情報規制が緩いようだが、それにしても中国在住のチベット人が衆人環視の掲示板でここまで本音を語っているのには驚かされる。

日本でも報道メディアや既存のチベット支援団体だけでなく、SNSや大規模掲示板をきっかけとしたチベット支援の動きが目立っている。
とりわけ先週末は面白かった。「俺25日の日曜日にフリチベTシャツ着て渋谷をウロウロしようと思ってんだよね。絶対に真似すんなよっていろんなところに書いといてくれよ」という大規模掲示板への投稿をきっかけにして、SNSやBlogにも「渋谷に行くのは真似しないようにしよう」という書き込みが広がったのだ。午前中雨だったにも関わらず日曜日、ハチ公前やセンター街ではFree Tibetを訴えるTシャツを着たり、雪山白獅子旗を広げる「けしからぬ連中」があちこちで見られたという。ほぼ毎晩行われている笄公園(麻布)でのキャンドルライティングには、100人を超すチベット支援者が「自然発生的に」集まった。
ネットによって、私たちは恐ろしい力を持ってしまった。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/nameless-tibetan-karze/tbping

北川県城の移転

Posted by days at 2008-05-27 13:43

地図、写真入りのサイト(「中国汽車網」=運輸業界ポータル?)を発見。
http://info.china.alibaba.com/news/detail/v5003463-d1002071489.html

Snap Shots

by Days posted at 2008-08-16 15:40 last modified 2008-08-16 15:52

Snap Shotsを入れてみた。この小さな吹き出しのついたリンクにマウスオーバーするとわかるとおり、リンクをクリックしなくても、リンク先のページイメージや概要が書かれたRSSがわかるサービス。
インストールは簡単で、サービスにサインアップしてScriptタグをもらい、それをページに貼付けるだけで使えるようになった。もちろんサイト側にタグが貼られていればいいだけで、アクセスするユーザ側は何もする必要なし。
CoreBlogを使ったこのサイトの場合は、portal_skins/footerに貼付け、もともとPloneが持っている外部リンクアイコンを表示しないように portal_skins/public.cssから".link-external"をコメントアウトした。
ユーザによっては不要なAJAX通信のために表示がおかしくなったり、アクセスが遅くなったりする可能性があるので、しばらく様子をみてみようと思う。特にモデムやモバイルユーザにはつらいかもしれない。
なおこの便利さの裏で、サイト間のリンク構造がSnapに把握され、広告効果測定などに利用されていることは言うまでもない。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/snap-shots/tbping

ejSplitter

by Days posted at 2008-09-02 17:16 last modified 2008-09-02 17:16

このウィンドウの右上にある「検索」窓がうまく日本語に対応していないのには以前から気づいていたが、そんなもんだろうと思っていた。別件で新たにPloneサイトを使うことになり、ワークフローのところを調べていたら、この「検索」の解決策が見つかった。
というわけで、ejSplitterをインストールして、このblogにも設定してみた。ちゃんと検索できるかな。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/ejsplitter/tbping

Repairing MacBook

by Days posted at 2009-11-29 22:50 last modified 2009-11-30 01:04
パームレスト下の亀裂

昨年から持ち歩いている白いMacBook。今年に入ってから、右手を置くパームレストの下側のポリカーボネイト部分にひび割れが入り始めた。もともと角で、そこが割れて尖ると右手の付け根が当たって痛いので、MacBookに絆創膏を貼って保護していたら、4月に来日したテンドルさんが「それ、Apple Storeに持って行くと直してくれるよ」と教えてくれた。テンドルさんもまったく同じMacBook 13-inch Early 2008を持ち歩いていたのだ。
ネットを調べると、正式なリコールではないものの、やはりApple Storeで直してくれるようだ。でも修理に1週間ぐらいはかかるという。一方、コールセンターに電話して問い合せたという同僚によれば、3万円ぐらいかかると言われ、諦めたのだそうだ。
旅に出ているとき以外は(時には旅先でも)毎日使っているので、1週間手放すのは難しい。しかも修理に出すときにはデータのバックアップを取るのが常識。バックアップは取っても、復旧するのが結構面倒くさい。

そんなわけで秋のイベントシーズンがようやく終わったきょう、1週間の修理に備えて父のMacBook(これもパームレスト下が割れている)に最低限仕事ができるだけのアプリケーションをインストールしてデータをコピーし、ようやく銀座のApple Storeに持って行った。
Genius Barに行くと、「他に機能には問題ありませんか?」と聞かれ、電話で部品の確認をすると「30分ぐらいお待ちいただければ、修理してお渡ししますが」と言われる。え、30分で直るなら、そんな構えずにもっと早く持ってくればよかった‥‥。

直ったMacBook、下側ポリカーボネイトだけでなく、パームレストもキーボードもピッカピカ。忙しそうなスタッフに聞くと、「そうですね、3年の保証期間内なら無料で修理します」と言っていましたが、AppleCare Protection Planに入っていない場合の保証は1年だったような。部品次第ではもっと時間がかかることもあるだろうけど、次は父のMacBookもApple Storeに持って行くことにします。
渡された「修理確認書」には、「保証ステータス:Quality Program(E1)」「661-5075 Top Case w/Keyboard (white)」「S1490LL/A HARDWARE REPAIR-LEVEL 1」と印字してあった。"Quality Program(E1)" というのが、サービス修理ってことなのかなあ。
Apple Storeの1Fに展示されていた新しいMacBook(No FireWire)にも心引かれるけれど、もうしばらくこの角張った白MacBookとお付き合いだなあ。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/repairing-macbook/tbping

Re:Repairing MacBook

Posted by にしぼ〜 at 2009-11-29 22:50

初めまして、TBありがとうございました。
私のMacBook(ホワイト)は1度新品交換になった上、今使っているものもパームレストを2度交換してもらっているという修理の強者です(泣)
キーボードも新品になるので壊れることをのぞいてはうれしいですよね…。

にしぼ〜さん、ありがとう

Posted by days at 2009-11-29 22:50

にしぼ〜さん、ありがとうございます。
いろいろ参考にさせていただいたので、TBさせていただきました。
Appleにとっては自ら言い出せない微妙な情報のようなので、同じように困っている人たちの助けになるといいですね。

MacBookのもうひとつの不満は、MagSafeコネクタに砂が詰まると充電できなくなること。そんな砂だらけのアウトドアで使うなという話かもしれませんが。。。

Switching to Plone 2.5

by Days posted at 2010-11-23 18:37 last modified 2010-11-23 18:37

このBlogを含め、いくつかのサイトをPloneで動かしている。かつてはNECのPC98シリーズ、いまはIBM(Lenovoではない)のNetVistaがお気に入り。中古市場では1万円そこそこと安く、数年前まで豊富に出回っていて、壊れても代わりがすぐ調達できたからだ。
壊れないPCはない。サーバ専用機でもそれは同じだ。いつ壊れるのかとひやひやしながら見守るよりは、いずれ壊れるとあぐらを組んでいた方が精神的によい。
それで、サーバのコンソールに "DMA_ERROR" で始まるメッセージが表示され始めたのが8月下旬のこと。どっかから出て来た余剰のハードディスクディスクに交換しようと、バックアップを取り始めたが、途中でハングしてしまう。どうやら読めないセクタがあるらしい。困った。
が、一応動いてはいる。再起動しても立ち上がる。ディスクを交換するとなると、いったんサイトを停めないとならないので、それでずるずると後回しにして、ようやく新しいマシンを手に入れたのが1ヵ月後。

新しいマシンにインストールするメリットは、サイトを長時間停めなくてよいので、のんびり作業できることだ。
FreeBSD 8.1のインストールから始まり、するするとZope 2.9、Plone 2.5.5を入れる。これで準備完了。あまり余計なものは入れていないので、ここまでは2、3時間。

運用中のPloneサイトをZope Management Interfaceからひとつずつzexpにエクスポートして、新しいサーバに送り込む。
zexpは特に指定しなければZopeのインスタンスディレクトリのvarに作成される。ダウンロードすることもできる。
バックアップ操作がハングしたのと同様、エクスポートがハングしてしまったPloneが2つあった。おそらくこれがディスクの破損セクタに乗っているのだろう。いまは動いてはいるものの、永遠に移動できず、しかもいつ停まるかわからないサイトになってしまったわけだ。

幸いにしてディスク破損が起きる前にバックアップしたData.fsが残っている。ほぼ2ヵ月近く前のデータなのが悔しいが、これを使って復旧する。このData.fsを新しいサーバに配置して、Zopeを走らせてみる。こういうときには、bin/runzopeを使うと、デバッグメッセージを出してくれるので助かる。このときもいくつか足りないProductがあり、それらを足さないと走ってくれなかった。
それぞれのPloneでportal_migrationからアップグレード実行すると、新しいサーバで2ヵ月近く前の時点のサイトが見られるようになった。

問題はこれらをどうやってアップデートするかだ。
エクスポートできたzexpは、Zopeのインスタンスディレクトリのimportに配置すると、importのプルダウンメニューでそれを選択できるようになる。これでだいぶ手間が省ける。
が、実行したところでZopeのエラーメッセージに遭遇してしまった。

Module Products.Portal Transforms.Transform Engine, line 271, in _mapTransform Transform Exception: Input MIME type 'text/x-web-markdown' for transform markdown_to_html is not registered in the MIME types registry.

調べたところでは、Ploneのバージョンアップに伴う問題らしい。そう言えば、運用中のサイトはPlone 2.1.4だった。
運用中のPloneサイトに戻り、各サイトの mimetypes_registry で "Add a new MIME type" をクリックして、"text/x-web-markdown" と "text/x-web-textile" を追加し、zexpのエクスポートをやり直し。
これで、インポートできるようになった。

エクスポートできなかった2つのサイトは、手作業で直してくしかない。最終更新日を頼りに、ひとつずつコピペの繰り返し。ほったらかしにしていた1ヵ月の罰だ。

このBlogで使っているCOREBlog2というProductは、ウェブコアの柴田淳さんが開発されたもの。で、柴田さんはきのうcoreblog3をリリースされた。Zope/Ploneを離れ、Google App Engineで採用されているahaを使ったものだとか。
残念ながら、まだahaを試せるほどの時間がない。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/switching-to-plone-2.5/tbping
« July 2017 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31