Personal tools
Document Actions

Four Tibetan Environmental Activists Detained in Tawu

by Days posted at 2012-03-26 00:15 last modified 2012-03-26 00:40
道孚県の自然地理:搜搜百科より

もうひとつTCHRD(チベット人権民主センター)の発表から。実はTCHRDのサイトは大幅にリニューアル中で、現在アクセスすることができない。
「タウ環境保護協会」のチベット人メンバー4人が2月中旬、カンゼ(四川省甘孜チベット自治州)タウ(道孚県)の公安に拘束されていたことがわかった。
タウ環境保護協会は2011年、タウ県の様々な村から集まったチベット人たちによって非公式に設立された。彼らは野放図な採掘や森林伐採、野生生物の密猟に抗議することで環境を保護することを目指していた。タウ在住の50人の会員は全員それなりの教育を受け、地域コミュニティを信頼していた。
情報によれば、タウ県では昼夜問わず4台の装甲車が巡回して警戒を高めているという。武警部隊はチベット人地域を頻繁にパトロールし、3、4人以上のチベット人の集まりを解散させている。

タウでは昨年8月にニツォ寺の僧侶、ツェワン・ノルブが、11月にダカ・チューリン尼僧院のパルデン・チューサンがそれぞれ焼身抗議する事件が起きており、アバと同様に厳戒態勢にあることがわかる。
おととし12月に起き、23人が犠牲になった草原火災も記憶に新しい。新京報によれば、当時の防火体制は紙上の計画だけで実際が伴っておらず、ショベルや刷毛など「原始的な用具」しか消火手段がなかったという。
その後消防予算がついたというが、まともな行政を怠る一方で、住民の自助努力を抑圧するという本末転倒がタウでは実際に起きているようだ。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/four-tibetan-environmental-activists-detained-in-tawu/tbping
Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)
(Required)

« July 2017 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31