Personal tools
Document Actions

Minato Elementary School Shelter

by Days posted at 2012-09-03 00:02 last modified 2012-09-03 00:04
石巻市立湊小学校避難所

ブラスバンドの音楽にのって、獅子舞が踊る。カメラが教室に入って行く。2011年4月。藤本カントク何度目かの湊小学校でのボランティア。もうすっかり打ち解けている。避難している人たちとボランティアとの独特の間合い、雰囲気は、ボランティアに通った私たちにはおなじみのものだが、スクリーンで観るとその距離感にハラハラする。
休業を余儀なくされたモスバーガーの店員、造船所の社長、古くから続く床屋の主人。被災して湊小学校に集まって来たのは、遠い世界の人たちではない。私たちのすぐ横に暮らす人たちだ。カントクのカメラはその人たちの心に入り込む。
「きらめき教室」に同居する、もうすぐ70歳になる愛ちゃんと、小学生のゆきなちゃんの微笑ましい友情を軸に、避難所の生活が描かれる。福島第一原発のある双葉町から避難ついでに郷里の石巻でボランティアをする西原さんの複雑な状況。
長かったように思えるが、避難所の人たちが徐々に仮設住宅に当選して移るまでは4〜5ヶ月しかかからなかった。7月にはあちこちで避難所の再編が行われて徐々に縮小し、湊小学校避難所も10月11日に閉鎖された。
仮設に当たって、初めて部屋を訪ねた愛ちゃんが、大粒の涙をこぼす。「津波で凍っていた心が溶けたから、涙ばっかりいっぱい出る。自転車に乗ってここからスタート」。この愛ちゃんのキャラクターがなかったら、ストーリーはまったく違う受け取られ方になっただろう。一方のゆきなちゃんに「地震が起きたとき、どうだった?」とおずおずと訪ねる藤川カントク。このおずおずとした感じが、傷ついた人たちを包み込む彼の暖かいまなざしに通じていると思う。

映画「石巻市立湊小学校避難所」 映画「石巻市立湊小学校避難所」
Size 1 kB - File type text/plain
by Days last modified 2012-09-03 00:04
The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/minato-elementary-school-shelter/tbping
Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)
(Required)