Personal tools
Document Actions

Repairing MacBook

by Days posted at 2009-11-29 22:50 last modified 2009-11-30 01:04
パームレスト下の亀裂

昨年から持ち歩いている白いMacBook。今年に入ってから、右手を置くパームレストの下側のポリカーボネイト部分にひび割れが入り始めた。もともと角で、そこが割れて尖ると右手の付け根が当たって痛いので、MacBookに絆創膏を貼って保護していたら、4月に来日したテンドルさんが「それ、Apple Storeに持って行くと直してくれるよ」と教えてくれた。テンドルさんもまったく同じMacBook 13-inch Early 2008を持ち歩いていたのだ。
ネットを調べると、正式なリコールではないものの、やはりApple Storeで直してくれるようだ。でも修理に1週間ぐらいはかかるという。一方、コールセンターに電話して問い合せたという同僚によれば、3万円ぐらいかかると言われ、諦めたのだそうだ。
旅に出ているとき以外は(時には旅先でも)毎日使っているので、1週間手放すのは難しい。しかも修理に出すときにはデータのバックアップを取るのが常識。バックアップは取っても、復旧するのが結構面倒くさい。

そんなわけで秋のイベントシーズンがようやく終わったきょう、1週間の修理に備えて父のMacBook(これもパームレスト下が割れている)に最低限仕事ができるだけのアプリケーションをインストールしてデータをコピーし、ようやく銀座のApple Storeに持って行った。
Genius Barに行くと、「他に機能には問題ありませんか?」と聞かれ、電話で部品の確認をすると「30分ぐらいお待ちいただければ、修理してお渡ししますが」と言われる。え、30分で直るなら、そんな構えずにもっと早く持ってくればよかった‥‥。

直ったMacBook、下側ポリカーボネイトだけでなく、パームレストもキーボードもピッカピカ。忙しそうなスタッフに聞くと、「そうですね、3年の保証期間内なら無料で修理します」と言っていましたが、AppleCare Protection Planに入っていない場合の保証は1年だったような。部品次第ではもっと時間がかかることもあるだろうけど、次は父のMacBookもApple Storeに持って行くことにします。
渡された「修理確認書」には、「保証ステータス:Quality Program(E1)」「661-5075 Top Case w/Keyboard (white)」「S1490LL/A HARDWARE REPAIR-LEVEL 1」と印字してあった。"Quality Program(E1)" というのが、サービス修理ってことなのかなあ。
Apple Storeの1Fに展示されていた新しいMacBook(No FireWire)にも心引かれるけれど、もうしばらくこの角張った白MacBookとお付き合いだなあ。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/repairing-macbook/tbping

Re:Repairing MacBook

Posted by にしぼ〜 at 2009-11-29 22:50

初めまして、TBありがとうございました。
私のMacBook(ホワイト)は1度新品交換になった上、今使っているものもパームレストを2度交換してもらっているという修理の強者です(泣)
キーボードも新品になるので壊れることをのぞいてはうれしいですよね…。

にしぼ〜さん、ありがとう

Posted by days at 2009-11-29 22:50

にしぼ〜さん、ありがとうございます。
いろいろ参考にさせていただいたので、TBさせていただきました。
Appleにとっては自ら言い出せない微妙な情報のようなので、同じように困っている人たちの助けになるといいですね。

MacBookのもうひとつの不満は、MagSafeコネクタに砂が詰まると充電できなくなること。そんな砂だらけのアウトドアで使うなという話かもしれませんが。。。

Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)
(Required)