Personal tools
Document Actions

Three More Tibetans Die Following Kardze Shooting

by Days posted at 2014-08-21 23:40 last modified 2014-08-22 00:38
セルシュでの抗議

12日にカンゼのセルシュで起きた抗議者への発砲事件は、合わせて5人の死者を出す事態に発展している。英国のチベット支援団体、Free Tibetは20日、さらに3人のチベット人が死亡したことに抗議するプレスリリースを発表した。

8月12日、四川省カンゼ(甘孜)チベット自治州のロチュンで起きた非武装のチベット人抗議者への発砲事件の後、事件での負傷者のうち3人が死亡したことが判明した。3人は怪我の手当が受けられず、拘束中に死亡した。17日に確認された2人に加え、事件での死者は合計5人になった。
事件は村のリーダー格だったチベット人、ワンダの拘束がきっかけだったが、死んだ3人の抗議者は彼の近しい親族だった。3人の身元は、ツェワン・ゴンポ(60)、イエシェ(42)、ジンパ・タルチン(18)と判明している。ツェワン・ゴンポはワンダの叔父、イエシェは従兄弟、ジンパ・タルチンは義弟だった。死亡した日時はわかっていないが、3人の遺体は18日に家族に引き渡された。

発砲事件は11日にワンダが拘束された後に発生した。地元のチベット人女性への当局者による嫌がらせをめぐってワンダは当局とトラブルを起こしており、当局は地元の祭りを違法行為だとしていた。翌12日には100人以上のチベット人が集結し、ワンダの拘束に抗議したが、これに武警が発砲し、少なくとも10人が負傷した。
事件後、地元当局による村人たちへの説明会が開かれ、ワンダの逮捕は公金の不正利用によるものだと説明されたという。19日に開催された最初の説明会には参加者が少なかったため、当局はその後の説明会に地元のチベット人たちを強制参加させている。
現地からの情報によれば、250人以上の武装部隊と武警が駐屯し、シュクパ村を包囲しているという。

The URL to Trackback this entry is:
http://www.mobileplace.org/dias/blog/three-more-tibetans-die-following-kardze-shooting/tbping
Add comment

You can add a comment by filling out the form below. Plain text formatting.

(Required)
(Required)
(Required)
(Required)

« July 2017 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31